id:toronei さんに「コンタ強しっていう日記ばっかり」と言われようがなんだろうが、やっぱりコンタドールは強いなーという日記を昨日書こうと思っていました。ランスがいつぞやウルリッヒに対してやったような、前を引きながらいつの間にか相手を引き離してしまうシーンとか、山頂ゴールでいつもの「ばーん」ってやつをやってくれたことなど、王者は俺だと言わんばかりの大活躍でした。
 ということで本日の第7ステージ、楽しみにしていました。山だらけ。モン・バントゥの近くを通るし。 ・・・といいつつ仕掛かっていた仕事の区切りが付かずにかなり遅れて観戦を始めたのでバントゥの風景は目にすることができず。


 コンタドールを含む数人の集団が逃げを追いつつ、最後から3つめくらいの山を登っているところ。コンタがアタック、調子よさそう。下りで LLサンチェスが職人的下りで前に行っちゃう。追わざるを得ないコンタ。 そんな状況でも決して調子悪そうには見えなかった。
 けれどもLLサンチェスを追う6人くらいの集団からアタックがかかっても自分では追わないコンタドール。落ち着き払って我慢に我慢を重ねて人に追わせるってさすが風格あるなーと思って見ていたのですが、、、その「追わせた」はずの選手らについていけない。。。(蒼白)
 後ろから来た20人くらいいる集団にもあっさりと置いて行かれて、これ、ハンガーノック!? 見ていても血の気がひいてきました。チームメートが全然アシストをしてくれていない(ようにみえる)ことも影響大きいのでしょうが、ここまで崩れるコンタドールを見るのは初めてです。 山で遅れるクネゴを見る以上のショックです。。。
 結局2分50秒くらいLLサンチェスから遅れてよろよろとゴール。すぐさまマッサー(?)にコークをもらっていました。 総合リーダーはLLに移動。 明日の最終日も スプリント-1級-1級-1級-スプリント-ゴール という設定で波乱が起こりうるレイアウトです。ニースをスタートしてぐるっと大きく北側に時計回りをしてニースに戻ってくるコース。 コンタドールがエネルギー補給だけでなんとかなる状況なのかわかりませんが、復活して総合争いに執着したレースを見せてくれることを期待したいと思います。
 ほんと、今日は驚いた・・・・。


.